送信メールサーバーの設定変更をお願いします

Windows Liveメール 2011の場合
  1. メニューの「アカウント」から「プロパティ」をクリックします。


Windows Liveメール 2009の場合
  1. お客様のパソコンに設定してある、アカウントを右クリックします。


  1. 「プロパティ」をクリックします。


Windows Liveメール 2011・2009共通
  1. 「サーバー」を選択し、「このサーバーは認証が必要」にチェックを入れ、「適用」をクリックします。


  1. 「詳細設定」を選択し、「送信メール(SMTP)」のポート番号を「587」に変更します。「OK」をクリックして設定は完了です。
  1. メニューの「ツール」から「アカウント」をクリックします。


  1. 設定変更するアカウントを選択し、「プロパティ」をクリックします。


  1. 「サーバー」を選択し、「このサーバーは認証が必要」にチェックを入れ、「適用」をクリックします。


  1. 「詳細設定」を選択し、「送信メール(SMTP)」のポート番号を「587」に変更します。「OK」をクリックして設定は完了です。
  1. メニューの「ツール」から「アカウント」をクリックします。


  1. 「メール」を選択し、お使いのメールアドレスを選択し、「プロパティ」をクリックします。


  1. 「サーバー」を選択し、「このサーバーは認証が必要」にチェックを入れ、「適用」をクリックします。


  1. 「詳細設定」を選択し、「送信メール (SMTP)」のポート番号を「587」に変更します。「OK」をクリックして 設定は完了です。


  1. メニューの「ツール」から「電子メールアカウント」をクリックします。


  1. 「既存の電子メールアカウントの表示と変更」を選択し、「次へ」をクリックします。


  1. 電子メールアカウント一覧が表示されます。設定を変更するアカウントを選択し、「変更」をクリックします。


  1. 右下にある「詳細設定」をクリックします。


  1. 「送信サーバー」を選択し、「送信サーバ(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択します。


  1. 「詳細設定」を選択し、「送信サーバー(SMTP)」のポート番号を「587」に変更します。「OK」をクリックします。


  1. 電子メールアカウント画面に戻りますので、「次へ」をクリックします。


  1. 電子メールアカウント画面へ戻りますので、完了をクリックし、設定は完了です。


  1. メニューの「ツール」から「アカウント設定」をクリックします。


  1. 電子メールアカウント一覧が表示されます。設定を変更するアカウントを選択し、「変更」をクリックします。


  1. 右下にある「詳細設定」をクリックします。


  1. 「送信サーバー」を選択し、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択します。


  1. 「詳細設定」を選択し、「送信サーバー(SMTP)」のポート番号を「587」に変更します。「OK」をクリックして設定は完了です。
  1. メニューの「ファイル」をクリックします。

  1. 「アカウント設定」をクリックし、その下の「アカウント設定(A)」をクリックします。


  1. 設定を変更するメールアカウントを選択し、「変更」をクリックします。


  1. 「詳細設定」をクリックします。


  1. 「送信サーバー」を選択し、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択します。


  1. 「詳細設定」を選択し、「送信サーバー(SMTP)」のポート番号を「587」に変更します。「OK」をクリックして設定は完了です。
  1. メニューの「ツール」から「アカウント設定」をクリックします。


  1. 左側メニューの一番下にある「送信(SMTP)サーバ」をクリックします。右側に表示されたアカウントをクリックし、「編集」をクリックします。


  1. 設定の「ポート番号」には「587」を入力します。
    セキュリティと認証の「接続と保護」は「なし」を選択します。
    「認証方式」は「平文のパスワード認証(安全でない)」を選択します。「ユーザ名」には、お客様のEメールアカウントを入力します。

    「OK」をクリックして設定は完了です。


  1. メニューの「ツール」から「オプション」をクリックします。


  1. 「カテゴリ」の「メールの送信」を選択し、「認証を許可」と「サブミッションポート(587)を使用」にチェックを入れます。「OK」をクリックして設定は完了です。


  1. メニューの「ツール」から「メールボックスの設定」をクリックします。

  1. 「基本設定」を選択し、「OP25B」にチェックを入れます。


  1. 「詳細」を選択し、サーバーのポート番号の「SMTP」には「587」を入力します。また、「SMTP認証」「CRAM-MD5」「LOGIN」にチェックを入れます。「PLAIN」にチェックが入っている場合はチェックを外します。 「OK」をクリックして設定は完了です。


  1. Mailの「環境設定・・・」をクリックします。


  1. 「アカウント」をクリックします。


  1. アカウント一覧からご利用のアカウントをクリックします。
  2. 「アカウント情報」内の「送信用メールサーバ(SMTP)」のプルダウンメニューを選択し、リスト内の「サーバリストを編集・・・」をクリックします。


  1. サーバのポートに「587」と入力します。
    また「認証:」のプルダウン メニューより「パスワード」を選択します。
    「ユーザ名:」には、会員登録証記載の「Eメールアカウント」を入力します。
    「パスワード:」には会員登録証記載の「Eメールパスワード」を入力します。
    「OK」 をクリックして設定は完了です。
  1. Mailの「環境設定・・・」をクリックします。


  1. 「アカウント」をクリックします。(デフォルトメールソフトの「Mail(5.1)」の括弧内の数字はお使いのMailのバージョンが入ります。)


  1. アカウント一覧からご利用のアカウントをクリックします。
  2. 「アカウント情報」内の「送信用メールサーバ(SMTP)」のプルダウンメニューを選択し、リスト内の「SMTPサーバリストを編集・・・」をクリックします。


  1. 「詳細」を選択し、「カスタムポートを使用」を選択します。
    右側の入力枠には「587」を入力します。
    また「認証:」のプルダウン メニューより「パスワード」を選択します。
    「ユーザ名:」には、会員登録証記載の「Eメールアカウント」を入力します。
    「パスワード:」には会員登録証記載の「Eメールパスワード」を入力します。
    「OK」 をクリックして設定は完了です。